Program Guidelines

** For Japanese version, please scroll down.

Program Guidelines  

► The following are expected of all ASP students in the one year program:

  1. Successful completion of six (6) English courses (Spring Semester)

  2. Successful completion of three (3) or more ASP liberal arts elective courses and all corresponding Applied English courses

  3. Attendance and participation in all classes

  4. Attendance and participation in all "College Life Orientation" class sessions

  5. Attendance and participation in all All-Student Meetings  

  6. Attendance and participation in all Advising classes and meetings

  7. Three (3) TOEIC examinations (Spring, Summer, Fall); there may be additional optional tests

  8. Participation in International Peer Coach (IPC) meetings and activities (Spring) and in residence hall meetings and activities (Spring, Summer and Fall)

  9. Participation in community volunteer service activities and in other university events and activities is recommended

► Full-time study requirement

ASP students are required to study full-time during each of the three semesters (Spring, Summer, and Fall).  Failure to do so will result in sanctions and the student's status with the United States Department of Homeland Security (DHS) will be affected.

Full-time study each semester is 3 credits (WU) which is 12 credits (TIU) per semester.

► Placement

Placement in spring sections is based on a combination of scores on the following:

a) TOEIC (Test of English for International Communication)

b) Essay on academic topic

Note: Students may be placed in classes with classmates with higher or lower TOEIC scores due to number of students enrolled in the program. Classes will be taught at the appropriate levels for all students in the classes.

► Attendance and Participation

If you want to make progress, it is very important to come to every class and to take an active part in all class activities.  Faculty members expect students to come to class well-prepared, to finish all assignments, to ask questions and to speak up in class.  You should try very hard to speak English at all times.  Your instructors will teach you the foundations of the subject matter, but it is your responsibility to learn it and to make progress

        A.     ASP Attendance Policy:

        1. Tardiness = Late for Class  Come to class on time and return from breaks on time. If you are late, you will get a tardy (late arrival). If you miss more than half a class, you will be marked absent. Three tardies = 1 absence. 

        2. Absences  Absences are not excused and will be documented. Please inform your professor if you will be absent. The only exceptions are absences for athletes on WU varsity team sports. They will be excused for athletics competitions following the WU athletic guidelines.

        3.  Medical Absences  Please stay home if you are very sick because it may put other students or teachers at risk. Please see a doctor if you are seriously ill.

        4.  Missing Classwork

  • You are expected to turn in homework on time. All class assignments, including quizzes, exams, discussions, presentations, projects, etc. must be done on time.
  • If you will miss a class, turn in your homework on time to the professor using the WISE page, Google docs, email, or office mailbox.
  • Your professor may accept late homework for up to 2 calendar days after the absence, but your scores will be lowered.
  • If you will miss an in-class assignment, (such as a graded discussion, group presentation, writing assignment, test), the professor will determine whether you can make up the work or not, and individual professors may have different policies.
  • Find out and complete assignments, so you will be prepared for the next class.
  1. ASP Class Participation is subject to the following guidelines:

    1. Take an active part in all class activities every day.  Instructors will grade you on your participation and contributions to the class.

    2. Meet ALL of the requirements and standards set by your individual instructor.

    3. Your learning and progress is connected to how much you participate IN and OUT of class.  IT IS UP TO YOU!!!!!!!

  1. Willamette Class attendance is subject to the following guidelines:

    1. Students are expected to attend classes.

    2. Instructors set the specific attendance standards for their own classes.

    3. Irregular attendance may negatively affect students’ progress and therefore be reflected in their grades.

► Grading Policy

A.      The following grades will be given in the American Studies Program at Willamette University and TIUA and transferred to TIU:

A   =  4.0

B+ =  3.3

C+ = 2.3

D+ =    1.3

F   =  0.0

A-  =  3.7

B   =  3.0

C   = 2.0

D   =    1.0

 

 

B-  =  2.7

C-  = 1.7

 

 

You will receive grades during the semester on:  your classroom presentations, homework, essays, reading assignments, discussion activities, listening exercises, class participation, group and individual projects, contact assignments, quizzes, and examinations.  Your final grades will be letter grades (A to F).

► Progress Reports and Academic Warnings

During the semester, each student will receive progress reports from their professors and will receive an academic warning if he/she is not meeting the standards set for passing the course or if a student has missed more than 10% of any of the following: classes, or a cumulative of more than 10% in advising, All-Student meetings and College Life Orientation sessions.  A mid-semester progress report is received by every student in Spring Semester who is performing below standards.  The student should discuss this report with his/her professors and adviser.

► Policy on Academic Achievement

At the conclusion of each semester, the academic records of all students are reviewed by the Director of Academic Affairs.  A student who is not working up to expectations may be:  (1) warned about academic progress; (2) placed on academic probation; (3) dismissed for academic insufficiency.  Such decisions are made in consultation with the student's Academic Adviser and the student's professors. Any recommendation for dismissal must be forwarded to the TIUA President by the TIUA Leadership Team.

► The criteria used in these determinations include the following academic deficiencies:

  1. Semester GPA (grade point average) below 2.00

  2. Cumulative GPA below 2.00

  3. Completion of less than a full-time course load

  4. Serious academic difficulty as determined by the Director of Academic Affairs

  5. More than 20% absences in any class

  6. More than 20% absences in the combined total Advising, All-Student Meetings and College Life Orientation sessions

► Academic Probation

If academic performance falls below expected achievement (examples are listed above), a student will be placed on Academic Probation.  If placed on probation, the student is:

  1. Not able to represent the ASP or the University in any public performance.

  2. Not able to hold any student leadership position.

  3. Subject to eventual dismissal if the academic record or attendance continues to be below the established criteria.

  4. Ineligible to receive a Certificate of Participation at the end of the program if placed on probation for two semesters and does not meet established academic criteria by the end of the second semester of probation.

Any student placed on academic probation should consult his/her Academic Adviser and the Director of Academic Affairs and the Director of Student Affairs immediately in order to review participation in curricular, co-curricular, and extra-curricular activities.          

► Academic Standing

We expect you to be in good academic standing at the end of each semester. This means you have passed all of your classes and do not have too many absences. Students need to be in good academic standing and have the required TOEIC scores to move into a higher tier the following semester.

 

 

プログラムガイドライン

プログラムガイドラインASP参加規則

 

 

► ここに、ASP参加学生として守るべき規則として次の9項目を示します。皆さんは必ずこれらすべてを遵守し、有意義な学生生活を送ってください。

  1. 春学期に履修する英語授業科目6科目に合格すること。
  2. 夏学期以降、3科目以上のASPリベラルアーツ科目及びそれらと組み合わされているすべてのApplied Englishの授業科目に合格すること。
  3. 全ての授業に出席し、学習に積極的に参加すること。
  4. 全ての“College Life Orientation”に出席し、主体的に活動すること。
  5. 全ての“All-Student Meeting”に出席し、主体的に活動すること。
  6. 全ての“Advising”クラスやミーティングに出席し、主体的に活動すること。
  7. ASP期間中に3回実施するTOEICテストをすべて受けること (春、夏、秋学期に各1回)。 その他に、選択受験として追加のTOEIC試験が実施される場合もある。
  8. International Peer Coach (IPC) とのミーティングや活動 (春学期) 、また、寮でのミーティングや活動 (春、夏、秋学期) に参加すること。
  9. ボランティア活動(キャンパス内外)や他の学内イベントに積極的に参加すること。

 

  1. WU正規学生としての必要条件

ASP生はそれぞれの学期(春、夏、秋)の間、ウィラメット大学の正規学生(full-time student)として学習及び諸活動をすることが必要です。そうでない場合は学生としてのアメリカ滞在要件を満たしていないものとして処罰の対象となり、米国国土安全保障省の学生滞在資格に影響します。

正規学生 (full-time student)としての基準は、各学期、ウィラメット大学の3単位分(TIU単位では12単位分)の単位を修得することです。

 

  1. クラス分け
    春学期のクラス分けは以下のスコアの総合点で決められます。
    a. TOEIC (Test of English for International Communication)
    b. エッセイテスト

    注:プログラムへの参加人数により、学生は自分よりもTOEIC点数の高い学生、あるいは低い学生と同じクラスになる場合もあります。どのクラスにおいてもそのクラスの学生全員に適したレベルで授業が行われます。

 

  1. 授業への出席と主体的参加
    学力を向上させるためには、すべての授業に出席し、また、授業中のすべての活動に積極的に参加することが大変重要です。先生方は、学生が予習をしてから授業に出席し、宿題をすべて準備し、また、授業中に質問や発言をすることを前提として指導をします。学生は常に英語を話すように精一杯の努力をしなくてはなりません。先生方は授業科目の指導をしますが、それを学び、自分の物にするのは学生本人の責任です

 

A. ASPの授業への出席に関する規則

  1. Tardiness = 遅刻の扱い
    授業に時間通りに出席し、休憩時間が終わったら時間通りに授業に戻ること。もしも遅れた場合は遅刻と記録される。授業時間の半分以上教室にいなかった場合、欠席と記録される。3回遅刻すると1回の欠席とみなされる。
  2. 欠席の扱い
    欠席はその理由にかかわらず出席簿に記録される。予め欠席が分かっている場合は担当教員に前もって連絡すること。止むを得ない欠席の場合は、担当教員に何らかの方法で事前に届けるか、または事後的に報告すること。欠席が許可される唯一の例は、ウィラメット大学の正式なスポーツチームに参加している学生が試合のために欠席する場合のみである。その際にはウィラメット大学スポーツチームのガイドラインに従うこと。
  3. 医療的理由による欠席
    感染症が疑われる場合は、他の学生や教員への感染を避けるため自分の部屋から出ないこと。他に症状が重い病気や大きな怪我の場合には、関係者に連絡し医師の診察を受けること。
  4. 欠席中の課題や宿題
  • 宿題は定められた時間通りに提出しなければならない。小テスト、試験、ディスカッション、プレゼンテーション、プロジェクトなどの授業中の課題はすべて時間通りに準備・提出をしなければならない。
  • もしも宿題提出のある授業に欠席する場合は、WISE、Google Docs、Eメール、オフィスのメールボックスなどを利用して宿題を定められた時間通りに提出すること。
  • 授業に欠席した場合の宿題提出について、教員は欠席日より2日までは提出を待つこともあるが、減点の対象となる。
  • もしも授業中の課題(採点の対象となるディスカッション、グループプレゼンテーション、筆記での課題、テストなど)がある時に欠席する場合は、欠席した学生がそれらの課題を再度受けられるかどうか決定するのは担当の教員である。これについては各教員によって異なった決まりを設ける場合がある。
  • 欠席した次の授業の準備をするために、欠席中に出された課題について尋ね、それを済ませておくこと。
     

B. ASPの授業への参加の基準

  1. 毎日の授業では積極的に学習活動に参加すること。担当教員は学生の参加の度合いも成績評価の対象にする。
  2. それぞれの担当教員が決めた条件や基準のすべてを守ること。
  3. 学生がどれだけ学び、進歩するかは、授業内外でどれだけ積極的に参加・学習したかに直接関わることである。これはあなた次第です!!!
     

C. ウィラメット大学の授業への出席の基準

  1. 履修が認められた学生は授業に出席しなければならない。
  2. 担当教員はそれぞれの出席の基準を設けているので、それに従うこと。
  3. 出席状況が悪い場合は、その学生の学習成果に悪影響を及ぼし、その結果が成績評価にも反映される。
     
  1. 成績評価基準
  1. ASPとウィラメット大学での成績評価は次の基準に基づいて判定され、TIUの成績評価として利用される。

 

A  = 4.0

B+ = 3.3

C+ = 2.3

D+ = 1.3

A- = 3.7

B  = 3.0

C  = 2.0

D  = 1.0

 

B- = 2.7

C- = 1.7

F  = 0.0

 学期中の成績は、次の基準で評価される:授業中の発表、宿題、小論文、読書課題、討論、リスニング、授業への参加、グループ又は個人でのプロジェクト、その他の課題、小テスト、試験。最終的な成績はアルファベットで表記される (AからFまで)。

 

  1. 中間評価と学業面での警告

学期中、各学生には中間評価が教員より知らされます。中間評価としては、第一に学生の成績が授業の合格基準を満たしていない場合に、「警告」が出されます。第二に、授業への欠席率が10%以上の場合にも「警告」が出されます。この場合の授業欠席率は、次の2つで判断されます。(1)通常授業の欠席率、または(2)教員とのアドバイジング・All Student Meeting・College Life Orientationの欠席が総合して10%以上となった場合です。春学期中に基準以下となった学生の全員に対して中間評価が出され、各学生は自分の中間評価について、自分の担当教員およびアドバイザーと話し合いをもたなくてはなりません。

 

  1. 学業到達度についての規則

各学期の終わりに、Director of Academic Affairsが全学生の成績記録を審査します。学生が一定の基準を満たしていない場合には、その学生について次のどれかの処置がとられることとなります。

(1) 警告(学業進捗状況に関して警告する)。

(2) Academic Probation(学習状況審査期間)とする※1

(3) 成績不振によりASPでの学業継続不可能とする。

この決定は、学生のアカデミックアドバイザーと学生が履修している授業の担当教員との協議によって決定されます。学業継続不可能の勧告が出された場合、TIUAリーダーシップチームはTIUA学長に報告しなくてはなりません。

 

前述の決定基準は、以下の水準で定められた学業不振からなっています。

1. いずれかの学期中のGPA(成績評価点の平均)が2.00未満

2. 累積GPAが2.00未満

3. 正規の学生として必要な履修単位数を修得しなかった場合

4. Director of Academic Affairsによって学生の学業への取り組みが非常に困難であると認められた場合。

5. いずれの授業科目であれ、欠席が20%以上となった場合

6. Academic Advising/All-Student Meeting/College Life Orientationの欠席が総合して20%以上となった場合

 

1  Academic Probation(学習状況審査期間)

学業面での成果が最低基準に達しなかった場合、学生はAcademic Probation(学習状況審査期間:その学生の学習状況を観察し改善を促す期間)の対象となります。

その学生は:

  1. ASPまたは大学の代表としての公式な活動停止。
  2. ASPの学生リーダーシップ役員としての活動停止。
  3. 基準以下の成績または出席状況が続いた場合は、学業継続不可能とみなし、退学処分の対象となる。
  4. 2学期間継続してAcademic Probationとなり、Probationとなって2学期目の終わりまでに既定の基準に達しなかった場合には、プログラム終了時に修了証書 (Certificate of Participation) を受領することができない。

Academic Probation(学習状況審査期間)とされた学生は授業及び課外活動並びにその他の活動への参加についてアカデミックアドバイザー及びDirector of Academic Affairs並びにDirector of Student Affairsに相談しなくてはなりません。

学習到達状況

ASP参加学生は、毎学期の終了時点で良好な学習状況に到達するよう努めなくてはなりません。つまり、ASP学生として、授業科目のすべてに合格し、優れた出席状況を維持しなくてはなりません。ASP学生は、良好な学習到達状況を実現するとともに、TOEICスコアを向上させ、次の学期にはより高いレベルのクラスに上がるよう努めなければなりません。

 

学習到達状況

到達度

良好

学業成績として、GPA2.00以上に達していること。

学生の出席状況は、いずれも授業科目においても欠席が10%を超えることにはならず、またアドバイジング・College Life Orientation・All Student Meetingを総合して欠席が10%を超えることとならないようにしなくてはならない。

警告

(Academic Warning)

次のいずれか一つ及び二つ以上に該当する学生は、「警告」の対象となる。

  1. 成績評価がC−以下、
  2. いずれかの授業科目の欠席が10%を超える、
  3. アドバイジング・College Life Orientation・All Student Meetingを総合して欠席が10%を超える。

「警告」を受けた学生は、アカデミックアドバイザーと面談しなくてはならない。

学習状況審査

(Academic Probation)

次のいずれか一つ及び二つ以上に該当する学生は、「学習状況審査」の対象となる。

  1. 成績評価がGPA2.00未満、
  2. いずれかの授業科目の欠席が20%を超える、
  3. アドバイジング・College Life Orientation・All Student Meetingを総合して欠席が20%を超える。

「学習状況審査」の対象となった学生は、Director of Academic AffairsおよびDirector of Student Affairsと面談しなくてはならない。

この対象となった学生は、以下の取り扱いを受ける。

1. ASPまたは大学の代表としての公式な活動停止。

2. ASPの学生リーダーシップ役員としての活動停止。

3. ASP修了証を受領できないことがある。

退学 (Dismissal)

続けて2学期にわたり「学習状況審査」の対象となった学生は、「退学」の勧告を受けることがある。


VIII. 学生による苦情申し立てに関する方針

学生は、下記について苦情申立てを行うことができますが、この方針は行動規範の違反については適用されるものではなく、行動規範を適用除外とするための異議申立や手順ではありません。セクシャルハラスメントや性的攻撃の場合は、それに該当する規程・手続規則を参照してください。

 

  1. 教職員に自分の権利を侵害されたと考える学生は、その苦情について当該教職員と十分に話し合う責務を負っています。アカデミックプログラムやキャンパスライフプログラムによって自分の権利を侵害されたと考える学生は、その苦情について、該当するDirector(学業面以外のことであれば、Director of Student Affairs、学業面のことであれば、Director of Academic Affairs)と直接話し合って下さい。
  2. その件に関与している学生と教職員の間で話し合いが付かない場合は、学生はその教職員の直接の上司と話し合って下さい。最初のミーティングの後、その教職員、該当する上司、そして学生が合意した場合は、これらの関係者全員でミーティングをもつこともあります。
  3. もしも、上記1と2の手順で学生が満足しない場合、学業面以外のことであればDirector of Student Affairsに、学業面のことであればDirector of Academic Affairsに、学生は文書で苦情を申し立てて下さい。いずれの場合においても、該当するDirectorはTIUAリーダーシップに連絡し、共に状況を審査します。
  4. 学生からの苦情申立書を受け取ってから実働5日(授業日)以内に、関与した教職員はTIUAリーダーシップチーム(Director of Academic Affairs、Director of Student Affairs、Director of Administration)に文書での回答書を提出することになります。回答書のコピーは学生の苦情を受け取った全員に渡されます。
  5. リーダーシップチームは、この回答書を受け取った時点でミーティングをもちます。苦情とそれへの回答書を読み、検討した後、リーダーシップチームは関与した教職員または学生に面談を要請することもできます。リーダーシップチームは最初の苦情とそれへの回答書を読み、検討した後に勧告とその理由を文書(「苦情申立対応報告」)にします。その文書のコピーは関与した学生、教職員、そして該当する上司に配布されます。
  6. 関与した学生と教職員は、勧告を受け取ってから実働5日(授業日)以内に、結果についての異議申立文書をリーダーシップチームに提出することができます。異議申立文書は下記の基準のうちのひとつに基づいたものでなければなりません。1)重大な手順の瑕疵・誤り等があった場合、または2)相当な注意を払っても先に見出されなかった情報が新たに見出された場合。異議申立文書を受け取った後、リーダーシップチームが再審査し、勧告を出します。
  7. 全ての記録は機密文書として処理され、学生の永久的な記録には残りません。
  1. 成績表

プログラム終了時にウィラメット大学から正式な成績表が学生に送付され、その写しがTIU宛に通知されます。学生の側で追加の成績表が必要な場合は、ウィラメット大学Registrarのウェブサイトで申請し、所用の費用を払えば入手することができます。

  1. アカデミックアドバイス

それぞれの学生にはアカデミックアドバイザーが年度を通じて配置されます。学生は定期的にアドバイザーと会い、学業の進捗状況を確かめ、いかにASPとウィラメット大学での教育的経験を生かすことができるかについて話し合います。

アカデミックアドバイザーは必要に応じて、Director of Academic Affairs、Associate Director of Residence Life and Wellness Services、Director of Student Affairsと相談を行います。