University Policies: All Campus Policies

University Policies: All Campus Policies

英文リンク: http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/index.html

各項目毎のリンクをクリックするとウ大のポリシーサイトへリンクする。

 

このマニュアルは、ウイラメット大学を活気あるアカデミックコミュニティとして維持するための生活規範に導くための手引きです。 これは抜粋和訳であり、大学内での行動、活動の際には常に英文(和訳は補助として)生活規範に基づいた行動をとること。 また不確かなことにおいては、ウ大、TIUAのレジデンスライフスタッフに尋ねること。

 

Message from the Vice President of Campus Life

キャンパスライフ部門副学長からのメッセージ

 

ウィラメット大学の学生諸君へ:

ウィラメット大学は、個人の自由とプライバシーの正当な権利のバランスを保ちながら、重要なキャンパスの一員としてのニーズとともに、個々の自主性とコミュニティの一員としての理想の実現に努めています。

Student Rights & Responsibilitiesは、ウィラメット大学が活気に満ちた生活と学習の場であることを明確にするための規準を制定しています。コミュニティのメンバーは、我々のモットーである“我々は自分達のためだけに生まれてきたのではない"を実践する行動規範に則った生活を送り、正直、誠実、親切、そして相互尊重の理念を具現化した時に、コミュニティーの一員として活躍することができます。コミュニティとして学術の探求が自由に行われ上記の理念を実践するために常に努力しなければなりません。

ウィラメット大学の一員として、あなたは、コミュニティー全体への責任とあなた個人の権利を理解する必要があります。これらの権利と責任は、関連インターネット上のStudent Rights and Responsibilityで読むことが出来ます。Student Rights & Responsibilities document の重要な規則、手続きおよび関連情報は、(ただしこれらに限定されない)、次のとおりです。

セレクティッド(抜粋)ポリシーマニュアルはネット上にありますが、キャンパスライフオフィスにメール This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it または電話503-370-6447でコピーを要求することができます。
Student Rights & Responsibilitiesのマニュアルやあなたの権利とウィラメット大学コミュニティの一員としての責任について質問がある場合は、私までお問い合わせください。

エドワード ウィップル

キャンパスライフ部門副学長
This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

 

Location of Policies Previously in the Selected Policies Manual

このマニュアルは、ウイラメット大学を活気あるアカデミックコミュニティとして維持するための生活規範に導くための手引きです。 これは抜粋和訳であり、大学内での行動、活動の際には常に英文(和訳は補助として)生活規範に基づいた行動をとること。 また不確かなことにおいては、ウ大、TIUAのレジデンスライフスタッフに尋ねること。、

http://willamette.edu/offices/conduct/student_rights/location_prev_policies.html

(全体の規則は上記のサイトに記載されています。)

 

Alcohol Policy

http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/alcohol.html

Purpose 目的

Due to the persistence of underage consumption of alcoholic beverages, Willamette University’s policy and procedures use an educational and a regulatory standard for addressing the use of alcohol. Willamette University does not approve of the illegal consumption of alcoholic beverages by underage persons. Moreover, Willamette University condemns the abuse of alcoholic beverages. This alcohol policy is intended to serve the following objectives:

ウィラメット大学は、法定年齢に満たない者の飲酒において厳しい姿勢をとっている。また、ウィラメット大学はアルコール飲料の濫用に批判的である。21歳未満のアルコール飲料の購入、入手、及び所有を禁ずる。州法や大学の規則に反し、法定年齢に満たない人の飲酒が実際見られるようであるが、ウィラメット大学での積極的なアルコール教育の元で、法的年齢未満の学生の飲酒傾向を減少させる試みである。アルコール規則は下記の目的を意図する。

  • To promote legal and responsible behavior around alcohol use by members of the University community; 大学コミュニティのメンバー全員に、法律に基づいて責任ある行動と態度を奨励
  • To address the use and effect of alcohol in our community, with an intent to encourage responsible decision-making; 責任ある決断力を促すために、アルコール飲料の飲み方と影響に関して学生を教育するプログラムの作成、及び実行 
  • To aid individuals experiencing difficulties associated with the use of alcohol. 適度なアルコールの摂取ができない人のための援助

Policy

  • Individuals twenty-one (21) years of age or older may consume alcohol in accordance with this policy. 21歳以上の人は、この規則にもとづいての飲酒は許可されている。
  • Open containers of alcoholic beverages are not permitted in public areas unless use follows university policy and procedures. 大学の規則とその手続きに従わない限り、公的な場でのアルコール飲料の開封は禁止する。
  • Individuals not of legal drinking age (not yet 21 years old) are not permitted to consume, or be under the influence of alcohol. 21歳に満たないものは飲酒及び、アルコールの影響を受けてはならない。
  • No person shall misuse or abuse alcohol. アルコールを誤用、濫用してはならない。
  • No person shall sell, give or otherwise make available any alcoholic beverage to a person under the age of 21 years. 21歳未満の人にアルコールを売ったり、与えたり、手に入れさせたりしてはいけない。
  • No person shall sell, give, or otherwise make available, any alcoholic beverage to any person who is “under the influence” as defined in 4-1 of this policy. 一見して、酩酊しているとわかる人に (この規則の4-1参照)、アルコールを売ったり、与えたり、手に入れさせたりしてはいけない
  • The policy applies to all students, faculty, and employees. この規則は全学生、全教員、全スタッフに適用される。
  • Failure to observe these policies, procedures, and regulations shall constitute a violation of University policy and may subject the individual(s) or group(s) to sanctions outlined in the Standards of Conduct, and the appropriate faculty/employee handbook. この規則に違反した個人、団体は、行動規範と就業規則にしたがって処罰される。 
  • A community member’s familiarity or understanding of laws, this policy, and the following procedures and regulations, does not constitute an excuse for irresponsible/illegal behavior, or for violations of this policy, and its accompanying procedures and regulations. 法と規則を知らなかったということは、無責任な行動や法律違反の言い訳にはならない。

Procedures  手続き

A.  Use is allowed in individual student rooms in residences and apartments where/when 寮内の個人学生部屋や、アパートでの利用

  1. Use is consistent with and following Oregon State law.  オレゴン州法に基づき、アルコールの使用は首尾一貫していること。
  2. Occupants and participants are abiding by all University policies.  アルコールが出される個人の学生の部屋での集まりにおいては、大学の規則に基づくこと。
  3. The private gatherings in student rooms and apartments follow the law. Private gatherings that follow our policies are not considered university social functions, and generally need not be registered. 学生の部屋においての私的な集いは社交の催しとは考慮されず、登録の必要はない。住居者と参加者は大学の規則に従う責任がある
  4. A gathering in an individual student room where alcohol is present does not exceed a safe and manageable occupancy for that room. The University defines “safe and manageable occupancy” as no more than three (3) times the residential occupancy for that room. アルコールが出される個人の学生の部屋での集まりにおいては、その部屋の住の3倍までの人数、さらに安全と管理可能な人数の範囲をこえてはいけない人
  5. Regardless of the number of persons in an individual student room, a University employee may enter a room to ensure compliance with health and safety standards, or if there is reason to believe that there have been violations of University policy or state and federal law.  健康と安全の基準に従っているかの確認および、大学の規則に違反しているという疑いがある場合は、大学スタッフはいかなる時であっても、部屋に入る可能性がある。
  6. Open containers of alcoholic beverages are not permitted in public areas.  公の場所でのアルコール飲料の開封は禁止である。
  7. A student room or apartment is considered public if the door to the hallway is open.  廊下にへ続く部屋のドアが開いていれは学生の部屋、アパートは公の場と考慮される。                         

B.  Use in other University Facilities/Common Areas  その他の大学施設、共有エリア

  1. When alcohol is to be served in any Willamette University approved facility or function, the Alcohol Use Request must be submitted online ten (10) working days prior to the event and receive final approval by the Vice President for Planning and External Affairs, or designee. Approval verification may be sent to the following offices as deemed appropriate: campus safety, food service, an appropriate building manager, and the director of scheduling, event, and conference services.                                                      ウィラメット大学の施設でアルコール飲料が出される場合は、イベントの10日以上前に、管理部門副学長にアルコール飲料許可願い書をオンラインにてonline 提出しなければならない。その際、関連する事務局、キャンパスセーフティー、フードサービス、建物管理者、予約管理ディレクターに申し込み書のコピーが送られる。
  1. Consistent with the general alcohol policy regulations, alcohol may be served at catered events (i.e., receptions, dinners), in the following buildings (excluding classrooms) Upon approval of the Alcohol Request Form:

アルコール規則の範囲内であれば、次の場所では(教室以外)アルコール許可願いが認められた場合、アルコールの提供と飲酒が許されることもある:

  • University Center
  • Playhouse
  • Art Building
  • Smith Fine Arts Building
  • Law School
  • Mudd Building
  • Waller Hall
  • McCulloch Stadium patio
  • Montag Center recreation area
  • Thetford Lodge
  • Kaneko Commons Atrium
  • Ford Hall special event area
  • Goudy Commons
  • Sparks Recreational Center
  • Mary Stuart Rogers Music Center
  • Hallie Ford Museum of Art
  • Residential Common Areas (summer)
  • Hatfield Room in the Hatfield Library
  • Concrete areas outside of Rogers Rehearsal Hall, Law School Student Lounge and Atkinson Graduate School
  • Law/Carnegie Building
  • University Services Annex
  • Atkinson Annex
  • Portland Center

3. A notice of the approval of the Alcohol Request Form shall be displayed at the event.  アルコール認可証はイベント会場に掲示する。

4. In instances where a registered event is only utilizing a portion (i.e., room/area) of a building, the serving and consumption of alcohol must be confined to the specific registered or designated area (i.e., room).  許可を受けた行事・イベントで建物の一部(例えば部屋など)でのみ使用されている場合、アルコールの供給や消費は、その特定の許可されたあるいは指定された場所(例えば部屋)に限定されなければならない。

C.  Use at on/off-campus University sponsored events & travel 大学主催の旅行、大  学外イベント

  1. This alcohol policy is in effect off-campus, and at University sponsored events.  このアルコール規則はすべての大学主催キャンパス内外活動、大学行事などに適 用される。
  2. Contracting for alcohol, without an approved alcohol permit, and an approved certificate of insurance, is a violation of the policy.  許可、保険証の許可なしでアルコールを飲用することは規則違反である。
  3. Employees may be authorized and approved to purchase alcohol as a part of a meal expense, where the purchase follows policy guidelines and is authorized and approved through a Dean or Vice President.  職員は食費としてアルコール購入の認可と承認を得る場合があるが、購入に際し、規則に従い、学部最高責任者および副学長の認可と承認が必要です。
  4. Employees should consult and review applicable employee handbooks policy guidelines, and review this alcohol policy and its associated procedures, prior to consuming or purchasing alcohol, when on a university trip/travel, or, at University-sponsored events on/off campus.  職員は大学主催の旅行中や、校内外にての大学主催のイベントでアルコールを飲用する前、 相談をし、このアルコール規則と手続きを含み、雇用手引き書とそれに伴う手続きを読むこと。
  5. Students should review the University Standards of Conduct, including review of this alcohol policy and procedures, prior to consuming alcohol on a university trip/travel, or at a University-sponsored event on/off campus.  学生は大学主催の旅行や、校内外にての大学主催のイベントでアルコールを飲用する前、このアルコール規則と手続きを含み、行動規範を読むこと。
  6. Employees and students will be held responsible for their behavior while consuming alcohol during University travel, and at on/off-campus University events or functions.  学生と職員は大学の所用で運転する場合、または大学に代わり運転する際は、運転する前にアルコールを飲用することは禁じられている。
  7. Students or employees driving on University business, or driving vehicles on behalf of the University, are prohibited from consuming alcoholic beverages before driving.  学生と職員は大学の所用で運転する場合、または大学に代わり運転する際は、運転する前にアルコールを飲用することは禁じられている。
  8. University employees are expected to be professionally responsible when consuming alcohol during work hours, when they are representing the University, or, at University-sponsored events.  大学職員は職務中、大学の代表であるとき、または大学主催のイベントに参加中にアルコールを飲用するときは、プロフェッショナルな態度で責任を持つことを期待される。
  9. Consumption of alcohol at events where employees represent the University, or at events sponsored by the University, shall not violate the consumption limits defined in section 4.1 of this policy, or violate any applicable laws and regulations.  大学の代表として職員がいるイベント、または大学主催のイベントでのアルコ ー ルの飲用においては4.1条で示されている限度に違反してはいけない。
  10. An alcohol use permit is required when University controlled money is used to obtain and/or serve alcohol at an event or activity off campus in private residences. In general, these events must be serviced through the approved Willamette vendor.  大学の代表として職員がいるイベント、または大学主催のイベントでのアルコールの飲用においては4.1条で示されている限度に違反してはいけない。

Procedural regulations手続き要件

  1. The University defines “under the influence” as any noticeable level of alcohol use where perceptible impairment of mental or physical capacity is present, and/or, when having a blood alcohol level of .08 or higher.

大学の言う「アルコールの影響下/酒気帯び」とは、アルコール分が血中濃度が 0.08%かそれ以上で、精神的、身体的機能において、アルコールの影響が一見してわかることを意味する。

  1. Any noticeable level of alcohol present or perceptible in an underage student (not yet 21) is a violation of this policy.

       21歳未満の学生のアルコールの影響が一見してわかることは違法である。

  1. Alcohol may not be served or consumed in any outdoor areas of the campus during the academic year except those specifically defined in 2.2.

       学年度中はキャンパスの公の場では、アルコールの提供や飲酒を2.2で記述されている以外は禁止する場合もある

  1. Direct or indirect sale of alcohol is prohibited without the written permission of the Vice President for Planning and External Affairs.

       直接または間接的なアルコールの販売は管理部の副学長の許可を書面で受けなければいけない。

  1. To request an activity or event where alcohol will be served, access the Alcohol Use Request form on line, submitting it at least ten (10) working days prior.

アルコールが出されるイベントの主催者は、イベントの最低10日(休日を除く)以上前に、オンライン上でアルコール使用のリクエストフォームに記入する。 

  1. When alcohol is to be consumed on campus, or when a contract is engaged for alcohol to be provided off campus through another third party vendor, an Alcohol Use Request form must be submitted and approved at least 10 days prior to scheduling, or contracting, for the event.

アルコールがキャンパスで消費されるときや、学生グループが契約した第3者である業者によってアルコールがキャンパスで提供される時はオンライン上で、

アルコール使用のリクエストフォームをイベントの最低10日前に提出し許可されなければいけない。

アルコールリクエストフォームでの許可なしでは 契約したアルコール使用も禁止されている。

  1. No contracted use of alcohol, on or off campus, is permitted without an approved Alcohol Request form.

キャンパス内外でのアルコール使用はアルコールリクエストフォームでの許可なしでは契約したアルコール使用も禁止されている。

  1. Alcohol must be distributed through a Willamette approved third party vendor, unless otherwise approved by the Vice President for Planning and External Affairs.

アルコールは大学が許可した、第3者である業者または 管理部門副学長が許可した人によって、配給されなければならない。

  1. When alcohol has been approved to be served in University facilities or sponsored events, it is approved with the intent that participants will not leave the facility or event, and operate a vehicle under the illegal influence of alcohol, as defined in section 4.1 of this policy.

アルコールが大学の施設で提供されると決まった場合、4.1で定義しているように、参加者がアルコールの影響の残るまま、施設を離れたり、

車両を運転したりしないという了承の元で認められる。

  1. Alcoholic beverages will not be served or consumed at events where attendance is open to those other than members of the Willamette community and approved guests of the University.

              ウィラメット大学のコミュニティへの招待客以外の一般の人々に開放されているイベントでは、アルコール飲料の提供や飲酒を禁止する。

  1. Willamette participants in a sponsored event may be required to produce current Willamette University ID. A guest of any Willamette University community member must produce identification (e.g., driver’s license, University ID) verifying at, or above age status, when asked.

ウィラメット大学の主催イベントの参加者は、現在有効のウィラメット大学の身分証明証(ID)を提出しなければならない。ウィラメットコミュニティのメンバー

は大学生の年齢以上であると証明するID、(例えば、運転免許証、大学の学生証など)を提示しなくてはならない。

  1. Willamette University community members are responsible for the conduct of their guests. The University reserves the right to require guests to leave an event.

ウィラメット大学コミュニティのメンバーはそのゲストに対する責任がある。大学はゲストにイベントからの退場を申す権利を有する。

  1. Alcoholic beverages or offering of alcoholic beverages will not be mentioned or implied in publicity or announcement of an event.

              アルコール飲料やアルコール飲料を勧めるようなことをイベントの広告でほのめかしてはいけない。

  1. Open containers of alcoholic beverages are not permitted in public areas outside an area specifically designated and approved for alcohol use.

アルコール飲料の開封はアルコールを提供するとして用意された場所以外の公共の場では禁止する。

  1. Alcohol will not be the main focus of an event.

アルコールをイベントの主要な目的にしてはいけない。

  1. Appealing non-alcoholic beverages and food must be served at all events while alcohol is being consumed or served. Food and non-alcoholic drinks must be displayed as prominently as alcoholic beverages.

アルコール飲料が出され、飲まれるイベントでは、アルコール以外の飲料や食べ物が出されることをアピールしなければいけない。

  1. The area where alcohol is served or consumed must be cleared and cleaned immediately following the event. Sponsors of the event will clear and clean this area or will make arrangements to have this done.

アルコールが出され、飲まれた場所はイベント直後に片付け、掃除しなければならない。イベント主催者がその場所を管理すること。

  1. The presence, possession, or use of common source containers of/for alcoholic beverages, other than when approved for a registered and approved event, is prohibited. Approval is obtained by the third party vendor through the express written permission of the Vice President for Planning and External Affairs.

アルコール利用目的の容器の存在、所持、使用は、登録し、認可されたイベント以外は禁止する。 管理部門副学長が許可した第3者である業者でなければなら ない。

  1. The availability and use of common source containers at approved events will be at the sole discretion of the University.

 イベントで許可される容器の入手可能性と必要性は大学の裁量による。

  1. Student body activity fees, or any special fee or levy initiated through University-sponsored or supported student organizations, may not be used for purchase of alcoholic beverages.

大学が後援、またサポートしている学生組織学生団体の会費、またどの特別な費用、徴収金は、アルコール飲料を買うことに使ってはならない。

  1. An event where alcohol is present may not exceed a safe and manageable number of people at any one time. The University will determine this number.

どんなときでも、アルコールのあるイベントは、安全で統制の取れる範囲  の人数を越えてはいけない。この人数は大学によって決められている。

  1. All entrances and exits of University facilities where alcohol is served must be monitored to the satisfaction of the third party vendor who holds the OLCC alcohol permit for the event.

              アルコールが出されるすべての出入り口はOLCCアルコール許可書を保持する第3者の業者によって監視されなければならない。

  1. In the case of a large event (as defined by the University), organizers must arrange through the third party vendor and Campus Safety for security to be provided for the duration of the event.

大学が認めた)大きな  イベントの場合には、主催者は第3者の業者によって準備され、キャンパスセーフティにイベントの期間中 警備員を要請しなければならない。

  1. A member of the University staff shall take measures to stop an activity where alcohol is served or consumed if there are problems or violations that cannot be readily corrected.

大学の職員はもしアルコール飲料によって起こる解決しがたい問題がイ ベント中に発生した場合には、そのイベントを中止する権限を持つ。

  1. The third party vendor holds a responsibility for monitoring the use of alcohol at catered events and is authorized to suspend alcohol distribution.                                               フー ドサービススタッフはアルコール飲料が正しく飲まれていることを監督 する。
  1. Students, faculty, staff and administrators will be held directly responsible for the destruction of personal or public property, the violation of the safety or rights of other persons, the violation of any state or federal law, or the violation of any other campus regulations, which may occur while they are under the influence of alcohol. Such behavior will result in disciplinary action by the University or by local, state or federal law enforcement.

アルコールの影響下で、個人または共用の所有物を破損したり、他人の安全を脅かしたりした場合、州法、連邦法、あるいは大学の規則に基づき、  学生、教員、

職員、理事は責任が直接問われる。違反者は大学、地方、州、  連邦の法律で懲戒処分される。

  1. All events must comply with applicable Oregon Liquor Control Commission guidelines.

すべてのイベントは、オレゴン州アルコール飲料制限委員会のガイドラインに適合していなければならない。

  1. Open containers of alcoholic beverages are not permitted in public areas. A student room or apartment is considered public if the door to the hallway is open.

 アルコール飲料の開封された容器は大学の公共の場では許可されていな  い。学生の部屋や、アパートはドアが開いている場合は公共の場とみなさ れる。

  1. Students and guests consuming alcohol may be required to present identification and verification of age.

 アルコールを飲む学生、ゲストはIDと年齢の証明を提示しなければならな い。

  1. Applicable state and federal laws related to alcohol or other drugs, required for compliance with the Drug Free Schools and Campus Act, are found in Addendum A of this policy.                                                                                                                                                                                                                                                                          アルコールとその他の薬物に関する州、連邦法はドラッグフリー大学とキャンパス条例に従う為に必要である。この規則は追記Aに掲載。
  1. Addendum (B) contains Willamette Standards of Conduct sanction information related to infractions of the alcohol policy.

追記Bはアルコール規則に違反した場合のウ大の行動規範罰則を含む。

D. Enforcement 実施

  1. Any member of the University community should refer violations of this policy to Campus Safety, or an appropriate official for review and response.  大学に関係する人々はこの規則の違反について、キャンパスセーフティーまたは関係者に審査、応答を問い合わせる。
  2. Violations of the Alcohol Policy by students, or student groups, will be adjudicated through the Standards of Conduct Policies and Procedures.  アルコール規則に違反した学生や学生グループは,   行動規範規則と手続きにしたがって審判する。
  3. Violations of the Alcohol Policy by University employees, departments, or department-sponsored groups will be referred to a dean/administrator for appropriate response or action.  大学の教職員や管理者、各部署、または各部署の主催するグループがアルコール規則に違反した場合には、最高責任者/管理者によって審判される。

 

ADDENDUM (A) 追加部分

Oregon and Federal Statutesオレゴン州、連邦法規の詳しい罰金等は英文参照

Alcohol and Drug Abuseアルコールと薬物乱用   http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/alcohol_drug.html

Alcohol and Drugs: An Informational Guide

The use of mood-altering chemicals is common in our society. Willamette University takes seriously its responsibility to educate and inform members of its community – students, faculty and staff – about the hazards of chemical use. The following text describes various drugs of abuse, hazards and short and long-term effects. For further information, you may wish to check out the web site at: www.drugfree.org. For further information, contact the staff of the Bishop Wellness Center or any of the resources listed below.

精神を安定させる為に薬品を使用することは、アメリカ社会では一般的に行われていることである。ウィラメット大学は、薬物使用の危険性について学生、教員、およびスタッフといったコミュニティメンバーへの情報提供、または教育する責務を重要視している。以下、様々な薬物の乱用、危険性、そして短期・長期にわたる影響性について記す。詳細については以下のウェブサイトを参照のこと:www.drugfree.org. さらに詳しい情報については、ビショップ・ヘルスセンター、あるいは以下に挙げたいずれかの組織に連絡を取ること:

1. Self-Help Groups: The following resources can be of help to people with substance abuse problems or to their friends and family. In Salem, call these self-help groups:

以下の情報源は薬物乱用問題に苦しむ人々やその友人、そして家族に対して役立つものである。セーラム市内であれば、以下の自助団体に電話すること:

 Alcoholics Anonymous . アルコール中毒者更正会  503-399-0599
 Alcohol Abuse 24 Hour Assistance and Treatment  アルコール依存症者24時間アシスタント&処置電話  1-800-234-1253
 Alcohol & Drug Helpline/Youthline  1-800-923-HELP
 Alanon/Alateen (for friends, family)  (友人、家族用)  503-370-7363
 Cocaine Anonymous  コカイン中毒者自主治療協会  503-662-2463
 Substance Abuse Helpline  コカイン中毒者悩み事相談電話  1-800-888-9383
 Narcotics Anonymous   匿名断薬会  503-990-0861
 Crisis Hotline-NW Human Services  503-581-5535 or 800-560-5535
 TDD  503-588-5833

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. Outpatient Treatment  外来施設

 Bishop Wellness Center Health Services (for students)  x6062
 Counseling Services (for students)  x6471
 Employee Assistance Program, Cascade Centers, Inc  503-588-0777
 (for Willamette University employees)  1-800-433-2320
 Creekside Counseling (in Salem)  503-371-4160

 

 

 

 

 

3.  Inpatient Treatment

 Pacific Recovery, Inc. (Dana Point, CA)  800-793-5596
 Pacific Ridge (Jefferson, OR)  503-361-7758
 Serenity Lane (Salem, OR).  503-588-2804
 Serenity Lane (Eugene, OR)  1-800-453-9905
 Sundown Ranch (near Yakima, WA)  1-800-326-7444

 

 

 

 

 

4. Where to go for help  サポートが必要な場合はどこに行けばよいか 

Students  学生の場合

  • If you believe that you, a friend, or a family member is harmfully involved with alcohol or other drugs, seek help. There are resources available. Willamette University offers no-cost professional assessment, counseling and referral services to all students. There is an on-campus group for Adult Children of Alcoholics, an abstinence support group, and members of Alcoholics Anonymous willing to talk with you. We can work with you to find appropriate treatment services in Salem or in your hometown, if you prefer.

            もしも自分自身や友人、あるいは家族の誰かがアルコールや薬物によって深刻な状態に巻き込まれていると思ったら、誰かに助けを求めること。またそれに関する情報源を利

            用することができる。ウィラメット大学は無料でプロによる専門的な評価、カウンセリングそして紹介サービスをすべての学生に対し提供している。アルコール依存症者の家

           庭で育った人々の為に活動するグループ、自分でコントロール出来るようサポートするグループ、そしてアルコール中毒者更正会のメンバーが学内におり、みなさんのお手伝

           いができるよう待機している。希望であれば、セーラム市内や学生それぞれのホームタウ ンにある適切な厚生施設を探すことも可能である。

  • Counseling Services is located in the Bishop Wellness Center, South side of the Baxter Complex, and is open Monday through Friday, 8 a.m.-5 p.m. Students may call 503-370-6471 for an appointment. Indicate if it is urgent and you will be seen immediately. In case of an after hours emergency, contact your Resident Assistant for immediate help. Counseling staff will be contacted. Senior Residence Life staff are also available 24 hours a day in case of an emergency.

            カウンセリング・サービスはバクスター・ホールの南側のビショップ・ヘルスセンター  

            にあり、月曜から金曜の午前8時から午後5時まで開いている。もしも予約を取るので

            あれば503-370-6471に電話すること。緊急時はその旨を知らせること。そうすれば即座

            に診てもらうことが可能である。時間外で緊急を要する場合は、自分の寮のCM・コミ

           ュニティーメンターに連絡をとること。カウンセリング・スタッフに連絡が取られるこ

           とになっている。上級学生寮関連スタッフもまた緊急の場合は24時間利用できる。

  • In an after-hours emergency, call Campus Safety, 503-370-6911, or go directly to Salem Hospital, 890 Oak Street SE (phone 503-5200 or 503-814-1572). If someone needs medical help immediately, call 911.

            時間外で緊急の時は、キャンパス・セーフティ(503-370-6911)に電話するか、あるいは

             Oak Streetに位置するセーラム病院(電話: 503-814-1572)に直接行くこと。もし緊急で医

             療行為を必要とするような場合は、911番に電話すること

 

Index 索引

Type of Drug薬物の種類

Classification分類

Alcoholアルコール

depressant抑制剤

Amphetamineアンフェタミン(中枢神経興奮剤)

stimulant興奮剤

Cocaineコカイン

stimulant興奮剤

Codeineコデイン

narcotic麻酔薬

Dalmaneダルメーン

narcotic麻酔薬

Demoralデメロル     

narcotic麻酔薬

Dextroamphetamineデキストロアンフェタミン

stimulant興奮剤

Ecstasy/MDMAエクスタシー

(3-4 methylenedioxymethamphetamine)

stimulant興奮剤

Heroinヘロイン

narcotic麻酔薬

Libriumリブリウム

抑制剤(バルビツール酸系催眠薬/鎮痛剤)

)

Lysergic Acid Diethylam (LSD) リセルグ酸ジエチルアミド(LSD)  

hallucinogen幻覚剤

 

Marijuanaマリファナ

hallucinogen幻覚剤

Mescalineメスカリン

hallucinogen幻覚剤

Methamphetamine塩酸メタンフェタミン(ヒロポン) 

stimulant興奮剤

Morphineモルヒネ

narcotic麻酔薬

Mushroomsマッシュルーム

hallucinogen幻覚剤

Peyoteペヨーテ        

hallucinogen幻覚剤

Psilocybinサイロシビン       

hallucinogen幻覚剤

Rohypnolロヒプノール        

depressant (barbiturate/sedative)

Valiumバリウム       

depressant (barbiturate/sedative)

Xanaxザナックス

depressant (barbiturate/sedative)

 

A significant risk of all drug and alcohol use is accidental injury. Alcohol or drug use impairs perception and motor coordination. Driving and operating motorized equipment under the influence of drugs and alcohol is the leading cause of accidents and Emergency Room admissions in all age groups. Purity of street drugs is always suspect as drugs are almost always cut with other substances, including rat poison and baking soda.

薬物やアルコール使用全般における重大な危険は、思いがけない害を及ぼすことである。アルコールや薬物を使用することは知覚や運動神経を鈍くしてしまう。薬物やアルコールを使用した状態で車の運転や機械などを操作することは、全ての年代の人が交通事故や緊急入院をする最も大きな原因となっている。街中に存在する薬物の純度も疑わしく、ほとんど常に殺鼠剤や重曹が混入されている。

1. Depressants 抑制剤

Barbiturates, sedatives and alcohol are central nervous system depressants. There are over 2500 different forms of barbiturates. Barbiturates and sedatives have long been used for medical reasons. The medical use ranges from treatment of migraine headaches, peptic ulcers and as an anticonvulsant. Method of administration is oral, intravenous or intramuscular. Examples: Valium, Librium, Xanax, Rohypnol.

バルビツール酸系催眠薬や鎮痛剤、そしてアルコールは中枢神経系を侵す抑制剤である。バルビツール酸系催眠薬については2,500種類以上もの薬が存在する。バルビツール酸系催眠薬や鎮痛剤は久しく医療的根拠から使用されてきた。このような医療的用途は偏頭痛の治療から頭痛、胃潰瘍そして抗けいれん剤として多岐にわたる。投与方法としては口からの投与、静脈注射あるいは筋肉投与なのである。例:バリウム、リブリウム、ザナックス、ロヒプノール。

Psychological effects 心理学的影響・作用

  • Calming effects ranging from less tension and anxiety to the euphoria of a “high”

            緊張や不安を緩和するものや“ハイ”の状態の高揚感

  • Hypnotizing effect, which impairs judgment

           催眠効果。判断力を鈍らせる

  • Sense of “no worry”

          「不安がない」という感覚

  • Disinhibition

            脱抑制

With the progression of use there are increased mood swings, depression, irritability, manipulation, abusive behavior and drug-seeking behavior.

           使用が進むにつれて、気分にムラが出てきたり、抑うつ状態になったり、興奮したり、悪巧みをしようとしたり、虐待行為や薬物を求める行動をする傾向が増加する。

                                                                                                                     

Physical effects 身体的影響・作用

Short term: 短期間の影響

  • Calm anxiety不安の鎮静
  • Relax muscles筋肉の弛緩
  • Induce sleep眠気の誘発
  • Affect brain stem-inducing sleep眠気誘引を伴う脳幹への影響
  • Speech and movement言語や動作への影響
  • Affect brain stem, including heart and lungs心臓や肺機能を含む、脳幹への影響
  • Tolerance (develops quickly) 許容量の増加(この症状はすぐに現れる)

 

Long term: 長期間にわたる影響

  • Cardiovascular: bradycardia, hypertension心臓の血管への影響: 徐脈(じょみゃく)への影響や、高血圧誘引
  • Digestive: nausea, vomiting and constipation消化に関する症状: 吐き気、嘔吐、便秘
  • Nervous: agitation, confusion, ataxia, nightmares and nervousness神経系への影響: 興奮、錯乱、機能障害、悪夢、緊張感
  • Reproductive: fetal abnormalities, infant will experience withdrawal symptoms生殖機能: 奇形児、幼児による禁断症状体験
  • Respiratory: hypoventilation, apnea呼吸器系への影響: 換気過小症、無呼吸症
  • Other: liver damage, anemia他の影響: 肝臓障害、貧血症

 

Psychological and physical dependence and addiction 心理的・身体的依存や中毒

High potential for both双方の高い可能性

When combined with alcohol, there is a high potential for toxic overdose and death  because the combined effect is stronger than either alone.

           アルコールと結びついた場合、中毒を引き起こす過剰摂取や死を招く可能性が高い。な

            ぜならどちらか一方のみの使用よりも複合効果の方がより強いからである。

  1. Alcoholアルコール

Alcohol is the oldest and most commonly used central nervous system depressant. Within the last month approximately 98 million Americans consumed some form of alcoholic beverage. About 5,000,000 college students also had a drink, as did approximately one half of the 2,500,000 high school students. Last week 1,500,000 college students had 5 or more drinks during one sitting. Yesterday about $200,000,000 was spent on alcoholic beverages.

アルコールは最も古く、そして最も一般的に用いられる中枢神経抑制薬である。ここ最近一ヶ月のデータによると、およそ98,000,000人のアメリカ人が何らかのかたちでアルコール飲料を消費した。約5,000,000人の大学生もまた飲酒をし、2,500,000人の高校生のうち約半分の学生も飲酒をしていた。先週の統計では、1,500,000人の大学生が一回の席で5杯あるいはそれ以上のお酒を飲んでいた。昨日の集計では、アルコール飲料に対して$200,000,000ものお金が費やされる計算である。

 

Psychological effects心理的影響・作用

Alcohol affects the body and mind upon consumption. Effects include:

アルコールを消費すると心身に影響を及ぼす。生じる影響は以下のとおり:

  • Euphoria             高揚感                                                                                                                                                                                                                                          
  • Increased risk-taking behavior危険を冒そうとする行動の増加
  • Aggressive humor/behavior 攻撃的なユーモア・態度
  • Feeling of decreased inhibitions抑制が効かない感覚
  • Delusion 妄想
  • Denial 否認
  • Tolerance 許容量の増加
  • Blackouts (amnesiac state during which individual appears to be functioning with awareness, but has no memory of any events at a later time)

   一時的意識・記憶喪失(ある期間意識的に個人は機能しているように見える

   が、後にどんな出来事も覚えていないという記憶喪失症の状態)

Tolerance, blackouts and morning tremors are signs of the development of physical dependency.

   許容量の増加、一時的意識・記憶喪失そして早期の震えは身体的な依存状態が進

   んでいる予兆である。

 

Physical effects 身体的影響・作用

Short term: 短期間の影響

  • Alteration of perception知覚の変化
  • Feelings of no fear恐怖感を感じない
  • Sleepiness睡魔
  • Increased urine output尿量の増加
  • Elevated heart rate心拍数の増加
  • Lowered motor coordination運動神経の低下

High levels can cause coma and death.

   基準が高くなると昏睡状態を引き起こしたり、場合によっては死を招く。

 

Long term: 長期間にわたる影響

  • Mouth oral lesions run the risk of becoming cancerous 

   口腔病変(こうくうびょうへん)を引き起こし、ガンを引き起こす危険がある

  • Deterioration of the stomach lining, can cause hemorrhage and ulceration

   胃の内壁の損傷、それはひどい出血や潰瘍を引き起こす

  • Kidney: inflammation and possibility of waste accumulating in the body

腎臓: 炎症や体内における老廃物の蓄積可能性

  • Increased risk of high blood pressure, strokes and arteriosclerosis

   高血圧や脳梗塞、そして動脈硬化の危険性の増加

  • Calcium depletion causing brittle bones and increased fractures and back pain

   カルシウムの枯渇により骨が脆くなったり、骨折、背中の痛みの増加

  • Loss of muscle tone 筋肉の減少 
  • Hormonal changes ホルモンの変化

Psychological and physical dependence/addiction 心理的・身体的依存や中毒

When combined with sedatives or narcotics, there is a high potential for toxic overdose

   鎮痛剤あるいは睡眠薬と一緒に用いると、中毒を引き起こす過剰摂取や死を招く

   可能性が高い。なぜならどちらか一方のみの使用よりも複合効果のほうがより強

   いからである。

 

以下省略: その他の薬物においての情報は英文マニュアルを参照。

Marijuanaについての情報はCollege Life Orientation にて詳しく学ぶ

 

Candle/Open Flame Policy キャンドル、火を使う物の規則

http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/candle.html

As a means of fire prevention, and in accordance with the Uniform Fire Code of Oregon, Section 25.116 (c) and Section 1109.8 of the United States Uniform Fire Code, candles, potpourri, incense, smoking, or any other open flames are not permitted inside any residence on campus.

防火の目的と、オレゴン州、アメリカ合衆国の防火条例(25.116©)と (1109.9)に基づき、キャンドル、ポプリ、線香、喫煙、その他の火を使うものはすべて、キャンパスの建物内では禁止する。

An exception for specific events or ceremonies may be requested by completing and submitting a Candle Use Requirements/Agreement to the Office of Campus Safety at least 24 hours in advance and between 8:00am and 5:00pm Monday through Friday.

特別なイベントや儀式の場合においてはa Candle Use Requirements/Agreement to the Office of Campus Safety (キャンパスセーフティへのキャンドル使用の申し込み、同意書)を月曜日から金曜日の午前8時から午後5時までに、イベントの24時間前に申し込む。

If an exception is approved, candles that meet the guidelines stated in the Uniform Fire Code may be purchased (at cost) from the Office of Campus Safety. A copy of the approved form must be present in the room at the time of the event.

許可された場合は、Uniform Fire Code (消防条例)のガイドラインに適合するキャンドルを、キャンパスセーフティにて購入できる。許可書のコピーをイベント会場に掲示しなければならない。

Fire Alarm Response火災警報

http://www.willamette.edu/dept/policies/selected/all_campus/fire_alarm.html

 

Reporting連絡方法

  • Pull fire alarm火災報知機を鳴らす
  • Evacuate避難する 
  • Call 6911キャンパスセーフティの内線6911に連絡する。Call 6911

Initiating false fire report or tampering with fire equipment will result in a fine.

うその火災連絡と防火用具を乱用することは罰金の対象となる。

 

General Response一般的な対応

  • Always assume an alarm is real and exit the building quickly without running. You must exit, even if you know the alarm is false.

常に火災警報は本物と同じように扱い、それが訓練と知っていても、建物外へ走らないで避難する

  • Use normal exits if you can, but never use the elevator.

  できるだけ、通常の方法で避難する。絶対にエレベーターを利用しないこと。

  • Before opening a door, use the back of your hand to feel near the top for heat.

ドアを開ける前に、手の甲で熱を感じること。

  • If the door is hot or warm, or smoke is present, do not open. ドアに熱や温度を感じたり、煙がでていたら、ドアは開けないこと。
  • If the door is cool, open slowly. ドアが冷たければ、ゆっくりと開ける。
  • Close doors behind you to limit the spread of fire and smoke.

あなたの後方のドアは火や煙の広がりを防ぐため、閉めること。

  • If you must exit through heat or smoke, cover your nose and mouth with a towel or a piece of clothing, then crawl or crouch.

熱や煙の中を非難しなければならない場合は、鼻と口をタオルか布で被い, 這うか、かがんだ姿勢で移動する。

  • Move well away from the building and meet your fellow residents at the designated location. Do not re-enter until a Campus Safety officer or the Fire Department gives permission. Anyone who interferes with a firefighter or fails to cooperate in any way is subject to a fine and/or arrest.

建物外へ避難し、指定された避難場所で仲間と会う。キャンパスセーフティか消防署員の指示があるまで建物には戻らないこと。 消防士の妨害や協力をしなかった場合は罰金を課されたり逮捕されたりする。

  • If you cannot exit, place towels or a blanket (wet, if possible) at the base of the door. Open a window, yell for help, wave a towel or shirt. If there is a phone, call 6911.

もし避難出来ない場合は、タオルやブランケット(出来れば濡らす)でドアの隙間を塞ぐ。窓をあけ、大声で助けを呼び、タオルやシャツを振る。 電話があれば6911へ通報。

Mobility Impairment Response身体に障害がある場合の対応

http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/fire_alarm.html

  • COLLINS SCIENCE CENTER, HATFIELD LIBRARY, WALLER HALL: Individuals who use wheelchairs or other assistive technology for mobility should be directed to designated safe areas in the stairwells.

車椅子や電動車椅子を利用している人は安全な階段踊り場に避難する。

  • ALL OTHER BUILDINGS: Building Captains will check for individuals needing special assistance.
    その他のすべての建物ではその建物の安全責任者(キャプテン)が特別な補助を必要とする人を確認する。
  • Call 503-370-6911, or 6911 from campus phones. Report that there is a mobility-impaired individual in Building____, Floor____, Room____. If you cannot call, open a window, yell for attention, wave a towel or shirt.

503-370-6911に電話する。またはキャンパス内に設置の電話から6911に電話する。どこどこの建物の何階、何号室に動けない人がいると連絡する。電話できない場合は、窓を開け、叫ぶか、タオルかシャツを振る。

  • Close the door and wait with the person for Fire Department personnel.

ドアを閉め、消防士を待つ。

  • NEVER CARRY AN INDIVIDUAL UNLESS THERE IS IMMINENT DANGER. Leave any assistive devices behind and follow the instructions of the individual as to how he/she is best transported.

さし迫った危険がない限り、個人を絶対に運ばないこと。補助器具はその場に残し、その人をどのように運べは一番安全かの指示に従うこと。

 

Responsibilities of Skateboarders and Bicyclistsスケートボートと自転車の責任

http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/skate_bike.html

  1. Pedestrians always have the right of way; it is the responsibility of individuals skateboarding or cycling to avoid pedestrians and to courteously yield the right of way.

歩行者が第一優先である。スケートボードと自転車に乗る人は歩行者を避け、彼らに道を譲ること。

  1. Skateboarding and cycling activities are limited solely to members of the Willamette University community.

スケートボードとサイクリングの活動はウ大の関係者(メンバー)のみに限られている。

  1. Reckless skateboarding is not permitted on the University campus. ”Reckless” includes but is not limited to jumping on steps and rails, skating which damages University property, or behavior which may intimidate or harass others.

キャンパスでは無謀なスケートボードをすることは禁止である。「無謀」とは階段や手すりを飛び越えること、大学の所有物を破損すること、また他人を怖がらせたり、困らせたりすることを意味するが、これに限るものではない

► Trick skateboarding is not allowed: 以下の場所での巧妙なトリック(芸当)のスケートボーティングは禁止。

  • In any areas with decorative brick pavingレンガ使用の場所
  • Within 20 feet of entrances to buildings建物の入り口から6メール内
  • On the Tennis Courtsテニスコート上
  • After Residence Hall quiet hours寮の静粛時間中 
  • If it inhibits the normal function of any University area 大学構内での通常の機能を妨げる場合
  • On raised platforms and concrete structures歩道、コンクリート構築物エーリア

 

Identification身分証明書

http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/id.html

Your Compass card is for the sole use of the person to whom it is issued. Do not loan it to anyone. If, in the performance of duty, a University staff member requests to see your Compass card or another form of identification, you must present it promptly. Failure to present it is a violation of the Standards of Conduct.

If you lose your Compass card, report it promptly to Campus Safety. Replacement cost for a new card is $10.

あなたの身分証明書はあなた自身が利用するために発行されたものである。他人に貸してはならない。職務上、大学スタッフがあなたのコンパスカードや身分証明書の提示を求めたら、即座に見せること。提示しない場合は行動規範に違反する。

もしコンパスカードを紛失したら、キャンパスセーフティに速やかに連絡する。再発行は10ドルである。

 

Prohibition of Harassment Including Sexual Harassmentセクハラを含むハラスメントの禁止

Willamette University will not tolerate harassment of any individual. Tolerance and respect for dignity and worth should be the guiding principles for our relations with each other. The University strives to provide a community where students, faculty, staff and others work and live together in an environment free of all forms of harassment, exploitation, intimidation and discrimination. Harassment is demeaning to all persons involved, and subverts the mission of the University.

ウィラメット大学は、誰に対してのハラスメント(嫌がらせ)をも許さない。
個人の尊厳と価値に対して寛大であり敬意を払うことは、お互いの関係のための指針である。学生、教員、職員、その他の人々が、いやがらせ、搾取、脅迫と差別が全くない環境で共に働き、生活するコミュニティを提供するよう、大学は努める。
ハラスメントは関係するすべての人の品位を傷つけ、大学の設立目的に反するものである

Harassmentハラスメント

Harassment is verbal or physical conduct that demeans or shows hostility toward an individual because of his/her race, color, religion, gender, national origin, age, disability, sexual orientation, or that of his/her relatives, friends, or associates, and that: (1) has the purpose or effect of creating an intimidating, hostile, or offensive working environment; (2) has the purpose or effect of unreasonably interfering with an individual's work performance; or (3) otherwise adversely affects an individual's employment opportunities.

ハラスメントは、個人のあるいはその人の親戚、友人、または関係者の人種、色、宗教、性別、国籍、年齢、障害、性的嗜好に対し、品位のない言動及び行動や敵対心を示すことであり、(1)脅迫的、敵意のある、あるいは侮辱的な労働環境を作る目的あるいはその効果がある;(2)個人の職務実績を不合理に妨害する目的あるいはその効果がある;または (3)その他、個人の雇用機会に悪影響を及ぼすものである。

Harassing conduct includes, but is not limited to, the following: (1) epithets, slurs, negative stereotyping, demeaning comments or labels, or threatening, intimidating or hostile acts that relate to race, color, religion, gender, national origin, age, disability, or sexual orientation and (2) written or graphic material that demeans or shows hostility or aversion toward an individual or group because of race, color, religion, gender, national origin, age, disability or sexual orientation and that is placed on walls, bulletin boards, or elsewhere on the University's premises, or circulated in the workplace.

ハラスメントは以下のことを含むがこれらに限定しない。:(1)人種、色、宗教、性別、国籍、年齢、障害または性的嗜好に関係するののしり、中傷、ネガティブなステレオタイプ、卑しめるコメントやレッテルを貼ること、また、脅迫的、威圧的、敵対的な行為。 (2)人種、色、宗教、性別、国籍、年齢、障害または性的嗜好の理由で個人やグループに対する品位のない、あるいは敵意または嫌悪をあらわすような文字や絵を、壁や掲示板、大学の敷地内、または職場で回覧されるものに落書きすること。

 

Sexual Harassmentセクハラ

http://willamette.edu/offices/policies/selected/all_campus/prohib_harass.html

Sexual harassment is a form of gender (sex) discrimination. The Equal Employment Opportunity Commission has defined sexual harassment as follows:

セクハラは性差別の形である。 The Equal Employment Opportunity Commission は以下のようにセクハラを定義する。

Unwelcome sexual advances, requests for sexual favors, and other verbal or physical conduct of a sexual nature constitutes sexual harassment when (1) submission to sexual conduct is made either explicitly or implicitly a term or condition of an individual's employment or academic advancement, (2) submission to or rejection of sexual conduct influences employment or academic decisions affecting the individual, or (3) sexual conduct interferes with an individual's work performance or creates an intimidating, hostile or offensive work or academic environment.

下記の場合、望まない性的な誘惑、性的な好意の要請、または性的発言や行動がセクハラとみなされる。(1)性的行為に従うことが露骨にまたは暗黙に個人の雇用や学業の条件となった場合、(2)性的行為への服従あるいは拒絶が雇用や学業に影響する場合、(3)性的行為が個人の職務を妨げたり、威圧的、敵対的、攻撃的な労働あるいは学術環境を作っている場合。 

 

Prohibited sexual harassment may include, but is not limited to sexual jokes, calendars, posters, cartoons, magazines; derogatory or physically descriptive comments about or towards another individual; sexually suggestive comments; inappropriate use of University communications including e-mail and telephone, unwelcome touching or physical contact; punishment or favoritism on the basis of an individual's sex; sexual slurs; negative sexual stereotyping.

以下のようなセクハラを禁止するが、これらに限定しない。性的なジョーク、カレンダー、ポスター、漫画、雑誌:個人に対して、または個人について軽蔑的、身体的なことが描写されたり;性的にきわどいコメント、電子メールや電話を含む大学の通信網の不適当な使用。好ましくない身体への接触;個人の性に基づいての虐待や偏愛、性的な中傷、ネガティブな性的ステレオタイプ。

Harassment will not be tolerated at Willamette University. It is against the policies of the University for any individual to harass another individual. This includes acts between supervisors and employees, between fellow employees or between employees and students, and between third parties such as vendors or visitors and employees or students.

Where one party is in a position to extend academic or employment benefits to another, even a completely welcome, consensual, romantic or sexual relationship raises at least the appearance of impropriety and can create an unwelcome appearance of favoritism and bias. Such a relationship can lead to sexual harassment allegations if it later becomes unwelcome. Sexual harassment is not limited to situations where there is an unequal power relationship between parties, but such a relationship may make sexual harassment more likely.

ハラスメントはウイラメット大学では許されない。 個人が他人を苦しめることは大学の規則に違反する。これは管理職と部下、職員同士、職員と学生間、業者や訪問者等の第3機関の人達と職員や学生間も含む。ある個人が学業や雇用において相手に利益を与えるような関係である場合、完全に受け入れられ、同意の基での、恋愛や性的な関係であっても、少なくとも見かけは不適切であり、歓迎されない不公平や偏愛を招く傾向がある。 そのような関係は後に歓迎されなくなった時、セクハラの申して立てにつながる。セクハラは不平等な力関係がある状況だけに限らないが、そのような関係はセクハラをより引き起こしやすくなる。

Any staff member, faculty member or student who believes he or she has been the subject of harassment by an employee of the University should report the circumstances immediately to his/her supervisor, the supervisor of the person with whom he/she is having difficulty, or the Director of Human Resources. A staff member, faculty member or student may contact the Director of Human Resources without first contacting his/her supervisor. The University will not tolerate any retaliatory treatment or adverse consequences as a result of acting in good faith to report harassment or participating in an investigation.

大学の教職員によりハラスメントを受けたと思われる職員、教員、学生は自分の上司か、ハラスメントと思われる行為を行っている人物の上司、あるいは人事部長に報告する。 職員、教員、学生は最初に上司と話さずに、直接人事部長に連絡してもよい。大学は誠意をもったハラスメントの報告と調査に参加した人への仕返しを黙認しない。 ハラスメントや報復の報告は速やかに、完全に公平に調査される。

Reports of harassment or retaliation will be promptly, thoroughly and impartially investigated. Consistent with the University's need to conduct an adequate investigation and, where a reasonable person would consider an action to be in violation of this policy, prompt corrective action to rectify any harassment or retaliation will take place. Confidentiality will be maintained to the extent possible. Inquiries will proceed pursuant to the Procedural Guidelines for Addressing Claims of Harassment Involving Staff or Faculty at Willamette University, provided below.

Any supervisor who sees or hears about conduct that may constitute harassment under this policy must immediately report such conduct to the Office of Human Resources.

Any staff or faculty member found in violation of this policy will be subject to discipline up to and including discharge.

十分な調査を実行するという大学の必要性に則して、分別のある人が、ある行動がその規則に違反するとみなした場合、ハラスメントや報復を是正するための迅速な対策が取られる。守秘性は可能な限り維持される。手続きのガイドラインは次のサイトに従って行うこと。 管理職はこの規則にあるようなハラスメントを見たり聞いたりした場合は速やかに人事部へ報告しなければならない。この規則に違反した教職員は懲戒を含む懲罰の対象となる。

 


(Adopted March 2009)

 

About Us

Tokyo International University of America

1300 Mill Street S.E.
Salem Oregon 97301

503-373-3300

CEA accreditation

The American Studies Program at Willamette University is accredited byImage result for cea accreditation logo

Equal Opportunity Statement

Tokyo International University of America (TIUA) is committed to the principle of equal opportunity in education and employment.  TIUA does not discriminate against individuals on the basis of race, color, sex, sexual orientation, gender identity, religion, disability, age, genetic information, veteran status, ancestry, or national or ethnic origin in the administration of its educational policies, admissions policies, employment policies, scholarship programs, and other TIUA administered programs and activities.  For the purpose of admission, all students must be formally admitted by Tokyo International University (Kawagoe, Japan) prior to making application to the American Studies Program at Willamette/TIUA.